2019年07月29日

1日・1日ていねい生きる

1つ1つの動作に集中して、心を込めて、神様に感謝して、愛をこめて行う。ことが大事と感じます。

ドストエフスキーの悪霊のキリーロフのセリフです。

「あなたは木の葉を見たことがありますか、木から落ちた葉っぱを?」

「私はこの間、ふちの方がもう枯れてしまった、黄色い、いくらか緑がかったのを見ました。風で飛んで来たんです。太陽にキラキラ輝いている。私は目を開けて見る、しかしあまり素敵で、とても信じられないほどなので、また閉じてしまう」

「私の云うのは比喩なんかんじゃありません。私の言っているのは木の葉です。ただ木の葉です。木の葉は素晴らしい。すべてが素晴らしい。何かもいいです」

「何もかも。人間が不幸なのは、ただ自分の幸福なことを知らないからです。それだけのこと。断じてそれだけです、断じて! それを自覚した者は、すぐに幸福になる、一瞬の間に」

僕も森や林の中を歩いているとき、自然との一体感を感じます。木と光と風ですね。そんな時、キリーロフの感覚に近いものを感じます。

「一瞬一瞬に心をこめて過ごす」ことは、その感覚と近い感じがします。


posted by 自由の女神 at 06:36| Comment(0) | 独立・開業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: