2018年06月21日

いい社会とは

働き方改革に興味を持って「なんのために生きる、働く」を考えてきました。

アインシュタインはこの質問に「人の役に立つため、世の中をよくするため」と答えたそうです。

さらに考えると「世の中をよくするため」の「いい世の中」てどんな世の中なんでしょうか?

「平和で豊かで誰も苦しまない」世界でしょうか?本当にそうなったら、国は不要でしょうね。

犯罪がない→警察や裁判所不要、病気がない→お医者さん不要、
皆が豊か→政府はあまり出番がない(貿易は必要かも)

となって「天国」ですね。

現実的に考えると「皆が満足して働ける社会」「個人個人が自分の能力を発揮しやすい社会」がいい社会なのかなと思います。

働き方を自分で選んで実行できる社会、ですね。義務感で生きてるとシンドイ。活き活きと生きることができる社会です。

posted by 自由の女神 at 09:57| Comment(0) | 独立・開業