2016年11月07日


調和と繁栄


事務所の方針を「調和と繁栄」にしようかと思っています。→ 当事務所の方針

自分の生き方の方針でもあるのですが。

調和:現状を受け入れること。「ああ、こんな状態だな」「でも、生きてるな。」
繁栄:幸せになること。期待すること。好きなように想像すること、です。

調和がいいな、と思ったのは、次のような話を読んだからです。

「昔、日照りで苦しんでいる村がありました。そこへ、一人のお坊さんがきて、庵を作って住はじめました。すると間もなく雨が降ってきて、村人はすごく喜び、助かりました。お坊さんは何をしたでしょう。

・普通は『雨乞い』つまり、雨が降るように祈念した、と考えますね。


答えは『日照りと調和した』でした。つまり、現状を受け入れた、自分もその中にはいった、ということでした。」

現状に反発しないで、素直に認める、そこから真のエネルギーが来るのではないかと思います。

「繁栄」は自由に考えればいいですね。期待することです。

こんなことできるわけないと思わずに。否定せずに自由に想像するのは、意外に難しいかもしれません。
でも、想像するのはお金もいりませんし、練習すれば、楽しんでいい気分になれますよ。

こんな理由で、事務所方針「調和と繁栄」にしようかな、と考えています。



2016年11月10日



事務所の方針は「調和と繁栄」にしようかと思いますが、忘れてはならないのは「愛」ですね。
愛というと少し気恥ずかしい気がしますが、基本中の基本は「愛」。

愛の意味はみんな繋がっている、ということです。みんな仲良くしたいということです。

愛の反対は「分離」です。

すべての人が愛を持っていますが、分離や対立、競争の心も持っています。分離が前にでると、憎んだりケンカしたりします。

100%愛の人、100%分離の人はいないでしょうね。
ケンカばかりしてる人でも、友達はほしい、完全に一人で生きていくのは寂しいと感じるでしょう。

愛で生きる比率を上げていけば自分が幸せになります。

実は愛と調和と繁栄は一体なのです。


2016年11月11日


失敗するか成功するか


フォードは「プロジェクトが成功すると考えるか、失敗すると思うか、どちらも正しい」なぜなら「成功すると思って行うと成功するし、失敗すると思って実行すると失敗する」からです。

ドラッカーも「組織の弱点に注目するマネージャーはすぐやめさせなさい。その組織がダメになっていく」

バーソロミューも「これから3年、毎日いいことが起こると期待して過ごせばいいことが起こるし、不安と恐れで生きていれば、その通りの生活になる」

要するに心の持ち方がすべてを決めるのです。僕も自分の人生を振り返ると、その通りと思います。
だからこれからはもっと自信を持って、好きなことを考えようと思います。「できるわけない。」と考えないで。

2016年11月19日


頭で理解は無理


人生は複雑ですね。

やはり「頭で人生を理解するのは無理」です。もっと「大きな力」が人生にはあります、ですね。

「本音は奇跡を起こす。」これはトランプさんが大統領になったので思いました。分析的、つまり頭で考えている限りヒラリーさんが選ばれるはず、だったのに。

トランプさんの本音が、アメリカ国民の本音を刺激したような気がしました。投票直前の新聞には「安定」か「変化」かとありました。

誰もが、程度の差はあると思いますが「安定したい」けど「変化も必要」と思っているでしょう。

「変化を求める」のは「現状に満足していない」からですね。つまり「現状に満足していない」心が多かったということですか。

でも、もう考えるのは辞めましょう。「考えて(頭で)人生を理解するのは無理」ですから。本音、自分の心を見つめましょう。







PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ| 社労士独学用問題集|