2010年07月24日


最低賃金と出来高払いの関係


求人広告に「月給8万円+歩合給」とか書かれています。

この場合この求人がフルタイムの求人で歩合(成果)がゼロの場合、月160時間働くと 時間給が500円となって、最低賃金法に違反してしまいます。

でもこの求人広告は有効です。実際に歩合ゼロの場合に最低賃金(例えば最賃が750円であれば12万円)を支払えば違法にはなりません。

たとえ本人が「月給8万円+歩合給」の条件を納得して雇用されたとしても12万円は請求する権利があるわけです。

でも実際には請求しないでしょうね。このルールを知らないのと、知っていても働いている間は言いにくいでしょうね。






PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ| 社労士独学用問題集|