2009年10月13日


社労士 開業から2ヶ月経過


社労士 8月の中旬に開業してから2ヶ月経ってしまいました。

これまで、HPに着手、開業セミナー受講、営業1件 と少しは活動しましたが、有料職業紹介事業の許可に時間をとられて、実質的な活動ができていません。

開業セミナーを受講して、助成金会社設立を主に活動を開始する方針にはしました。

事務所の名前も迷っています。最初「ヒロセ労務経営研究所」としましたが「ウサンクサイ」とかいう意見もあって、やっぱり「社労士事務所ヒロセ」のほうがいいかな?とも思っています。

今感じているのは、社労士としての知識不足、もちろんOJTで覚えていく部分も多いと思いますが、

なんというか、社労士としての基礎知識も不足しているように感じています。

HPを造りながら、知識を再確認しています。

社労士は生涯の仕事になります。もちろん司法書士も来年必ず合格するつもりです。

心を静めて取り組んでいきます。

ありがとうございます。すべてはうまくいっています。


2009年10月16日


社労士の勉強会


伊丹支部

2009年10月17日


社労士ヒロセ 助成金と会社設立


まず、助成金会社設立職業紹介業認可からスタートすることにしました。

助成金はドアノックツールとして有効、助成金の一部を手数料としていただくわけですから、お客さん側の出費なし、予算が無いとか言う話にはなりません。

会社設立、これは司法書士の得意分野ですが、私は司法書士受験生で来年合格予定ですから、問題なく対応できるわけです。

さらに設立後の業務開始に当たっては、労災と雇用保険、社会保険の適用事業所として申請する必要があります。また、設立時につかえる助成金もいろいろあります。

最後の職業紹介業については、私の自宅兼事務所で申請した体験から、しっかり説明できルからです。

もちろん、この3種類以外の依頼がきてもWELCOMEですが、HPはまずこの3種類の業務の説明からしっかりしていこうと考えています。

2009年10月20日


キャリアカウンセラー講座2回目


一昨日の日曜は2回目の講座でした。

理論編。

理論は2つに分けられていて、いわゆるマッチング理論と発達理論。

簡単に説明しますと、マッチング理論とは、職業の適正をどうやって見つけるかという方法、職業適性を見つけるための理論です。

発達理論とは、ライフキャリアをどう考えるという理論。例えば、年をとるにつれて、役割が変わってくる、独身→子育て→子が離れる→退職、時の経過と職業、趣味とか、全体的に考えましょう、という考え方です。

キャリアカウンセリングの両輪となる考え方です。

LECもLECキャリアコンサルタント講座を始めたようです。

社労士に関係があるような、無いような講座です。きっと関係があると思いますが、まだ理解できていないのでしょう。

2009年10月22日


定年後再雇用制度の基準


60歳以後も働けるように、法律(高年齢者雇用安定法)で定年延長制度が義務付けられています。

中小企業でも、現在では62歳まで、2010年4月には、63歳まで定年を延長することが義務付けされています。

ここで言う定年延長とは、@定年を文字通り延長するA定年後再雇用制度を導入するB定年制度を廃止する の3通りありますが、8割を超える企業はAの再雇用制度を採用しています。

これはもちろん、定年を機に労働条件(給料等)を見直すことがやり易いからです。

再雇用制度は労使が労使協定を結べば、再雇用の対象者を選別する基準を設けることができるとされていますが、先日の新聞に「現役社員のアンケートによる」という基準が、違法かどうか、争われているとありました。

「社員によるアンケート」が公平か、客観性、合理性があるかどうかです。

定年引上げ助成金も65歳以上に定年を引き上げる、または65歳以上再雇用制度をつくった場合にもらえるものです。

再雇用制度が実質的に機能するような判決が欲しいと思います。

2009年10月27日


社労士とキャリアコンサルティングとその他


先週の日曜日はキャリアコンサルティング講座の3回目、キャリアコンサティングの基礎技法、という講義でした。

クライエントか相談を受ける実際の場面です。講師は女性、感受性はスゴク高いのでしょう。男性より女性は、コミュニケーション能力は高いような気がします。元デパートの人事のお仕事をされていたそうです。

相談をうける場合、相互の信頼関係(ラポール)がもっとも重要です。そのためには、

「なおそうとするな、わかろうとせよ」

 心を空っぽにして、相手の言うことを聴く・・・・難しいですね。聴いているうちにいろんな、意見を言ってしまいそうになります。

アイコンタクト、うなずく、共感的応答(オーム返しでも可)

等の技術を教わり、ロールプレイも行われました。

これまでの生活が自己主張ばかりが強く、相手の言うことを本当にしっかり聴いていたか、と反省しました。

社労士の業務もクライエントの言葉をしっかり聴いて、信頼関係をつくるところから、スタートします。

 実際、キャリアコンサルタントの講座は社労士の仕事とは直接関係無く受講をスタートしたわけですが、

 社労士の仕事にいろんな点で活かせそうです。






PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ| 社労士独学用問題集|